あそぼうかい「体を使った遊び」 ~未来の体操選手たち~

GW明けの5月11日、第2回目「あそぼうかい~体を使った遊び~」を開催しました。
いつものように、歌に合わせて「お名前呼び」からスタートです。
今回は、お父さんも参加していて、先生からの「あなたのお名前は なあに?」との呼びかけに、にっこり笑ってお名前を答えてくれました。

     

それからは次々に子ども達もお母さんと一緒になって、元気よくお名前を教えてくれました。
次は、手遊びです。
ふんわりとしたハンカチを小さな手の中にしまい込んで、「にぎり ぱっちり たてよこひよこ」と歌いながら、少しずつ手を広げていきます。そして、手のひらのハンカチは大きく広がり、飛び出していきました。ハンカチをポーンと投げ上げたり、くるくる回したり、思い思いにハンカチで遊びます。そして先生の「はい、おしまい」の声を合図に使ったハンカチをみんなで片づけました。

  
次は、みんなが大好きな「いない いない ばあ」を絵本の朗読です。お母さんの膝の上に乗って、先生のお話をみんな熱心に聞いています。
いよいよ「体を使った遊び」。その前に、はとぽっぽ体操で体をたくさん動かします。これで準備体操もばっちりです。



今日の「たんぽぽ広場」は、鉄棒、跳び箱、トランポリンなど、たくさんの体操道具で一杯です。みんな仲良く、運動を始めます。
お友達の様子を見て、生まれて初めて鉄棒にチャレンジ。上手にしっかりと鉄棒を握り、体を前後に揺らします。その様子にお母さんもびっくり。

  


トランポリンの上では、しっかりと大きく上に飛び続けるお子さん。
跳び箱の上から、勢いよく前方にジャンプするお子さんも。

  

箱車も大人気、お父さんが運転手になって、子どもを載せた車を引っ張っていきます。
木のトンネルをくぐり抜けたり、トンネルの上を悠々と歩いて、ぴょんと飛び降りたり。いつまでも、時間を忘れたかのように、体操道具で遊びます。

 

    


そして最後に、未来の体操選手たちを待っていたのは「表彰式」でした。
先生が心を込めて作った「メダル」の授与を行いました。
一人一人お名前を呼び、メダルを首にかけていきます。周りからは大きな拍手が起こりました。

 
参加した皆さんからは、「初めての鉄棒がこんなに上手にできて嬉しかった」、「親子で体を動かして楽しかった」との声が寄せられました。

次回6月のあそぼうかいは、タオルを使った「親子体操教室」です。

13日(月)午前11時から行います。

受付開始は、5月30日(月)です。

次回もたくさんのご参加をお待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました